占いには様々な種類がありますが、古来から長い間人々に信じられてきた占いはそう数多くはありません。
その中の一つが「星占い」です。
恐らく、殆どの人が自分の星座名を知っていることでしょう。
そして、何座と何座が相性が良いとか悪いまで知っている人も少なくないはずです。
そんな星占い、どんな特徴があるのか見ていきましょう。

星座占いとは

星座占いとは、太陽の通り道である黄道にある12の星座を、1年の月日にあてはめて占うものです。
4月の雄羊座から始まり、牡牛、双子、蟹、獅子、乙女、天秤、蠍、射手、山羊、水瓶、魚座の12星座です。

この中をまた4つの宮に分け、火の宮として雄羊、獅子、射手座。地の宮は牡牛、乙女、山羊座。風の宮は双子、天秤、水瓶座です。そして、水の宮が蟹、蠍、魚座です。
4つの宮にはそれぞれ性格に特徴があり、火と風の宮は気が強かったり、独創性があったりします。
また、地と水の宮は性格が優しかったり一途で、女性らしい手芸や料理などが得意だったりすると言われています。

これらの要素を元に、その日やその週、月の星の動きから星座の運勢を占うのが「星占い」です。

星座も細かく分かれる

勿論、人間ですから、星座の性格がピッタリと当てはまる人ばかりではありません。
各星座の終わりごろに生まれた人は、次の星座の影響を受けることもありますし、また、育ってきた環境等で人間星座だけで一概にくくれるものではありません。

雑誌などに載っているのは、各星座に於ける一般的な占いの結果なので、あくまでその週やその月の過ごし方の参考にして下さい。

星座占いを受ける

星座占いもその人の生まれた日や時間、場所によって、より詳しく占う事が出来ます。
ですから、悩み事があった場合は、星占い専門の占い師に占ってもらうのが一番です。

12星座は黄道を12分割していますが、各星座の大きさはまちまちですから、きれいに12等分されているわけではありません。
その為、年によって少しずつ星座もずれていきます。
現在は太古の星座とは大分位置がずれているのですが、それを理解しているのが占い師です。
そういったことから、あなたの悩み事を現在の正確な星座の位置から見、星からのメッセージやアドバイスを伝えてくれるのがプロの星占いです。

また、どんな占い師も豊富な経験から、また占い師独特の感からあなただけへのアドバイスをしてくれるものです。
悩み事が深ければ深い程、星占いの占い師を訪ねるのが良いでしょう。

おわりに

毎日のように目に触れるだけに、気軽に見ている星占いですが、実は深い部分があるのがおわかり頂けたことと思います。
他の占いと同じように、星占いもあなただけの占いの結果があるのです。
あなたが生まれた時の星座からの、深遠なる宇宙からのメッセージを知る為に星占いを受けてみませんか?